Renesas Synergy™

FAQ 103922 : CPU書き換えモードのデバッグ中にプログラムが暴走してしまうが、どうすればよいか?

ウォッチドッグタイマが動作していないかご確認ください。
R8C/10, R8C/11グループ以外の品種では、フラッシュメモリのFFFFh番地のビット0が"0"であれば、自動的にウォッチドッグタイマが動作します。したがって、プログラムでウォッチドッグタイマの設定を行っていない場合、プログラムが暴走する可能性があります。
また、R8C/10, R8C/11, R8C/12, R8C/13グループをオンチップデバッギングエミュレータE7またはE8でデバッグする場合、ファームウェアでFMR0レジスタのビット5を"1"にするため、ユーザプログラムでFMR0レジスタのビット5を"0"にすると、E7またはE8 が動作しません。

適用製品

R8C/18
R8C/19
R8C/1A
R8C/1B
R8C/20
R8C/21
R8C/22
R8C/23
R8C/24
R8C/25
R8C/26
R8C/27
R8C/28
R8C/29
R8C/2A
R8C/2B
R8C/2C
R8C/2D
R8C/2E
R8C/2F
R8C/2G
R8C/2H
R8C/2J
R8C/2K
R8C/2L
R8C/38A
R8C/32C
R8C/33C
R8C/34C
R8C/35C
R8C/36C
R8C/38C
R8C/3GC
R8C/3JC
R8C/32D
R8C/33D
R8C/35D
R8C/3GD
R8C/33T
R8C/34E, R8C/34F, R8C/34G, R8C/34H
R8C/36E, R8C/36F, R8C/36G, R8C/36H
R8C/38E, R8C/38F, R8C/38G, R8C/38H
R8C/L35C
R8C/L36C
R8C/L38C
R8C/L3AC
E8a
E8
E7
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください