Renesas Synergy™

FAQ 1006091 : オペアンプ/コンパレータの「一般用」と「通信工業用」との違いは?

ご使用に際し「一般用」は民生機器等に向け推奨をし、「通信工業用」は産業機器等に向け推奨をしています。「通信工業用」は搭載セットが厳しい環境下にて使用されると考えられますので、動作周囲温度を「一般用」より拡張しています。更に「通信工業用」は検査項目によっては全数検査を行っています。

  (例) 単電源デュアルオペアンプ
    一般用(UPC358G2) 動作周囲温度:-20~+80℃
    通信工業用(UPC1251G2) 動作周囲温度:-40~+85℃

適用製品

オペアンプ
CMOSオペアンプ
バイポーラオペアンプ
コンパレータ
CMOSコンパレータ
バイポーラコンパレータ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください