Renesas Synergy™

FAQ 1006112 : オペアンプ/コンパレータの定格入力電圧とは?

特性劣化や破壊を起こさずに、入力端子に印加できる電圧範囲です。
電源ON/OFF時などの過渡状態も含めて、定格を越えないようにする必要があります。
また、オペアンプやコンパレータが正常動作する入力電圧は、電気的特性の同相入力範囲内です。
なお、通常のオペアンプやコンパレータの定格は、V--0.3V~V+0.3Vですが、単電源の場合には、電源OFF時にも入力電圧の正電圧印加が可能です。個別データ・シートで、絶対最大定格を参照してください。

適用製品

オペアンプ
CMOSオペアンプ
バイポーラオペアンプ
コンパレータ
CMOSコンパレータ
バイポーラコンパレータ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください