Renesas Synergy™

FAQ 1000554 : フラッシュ・メモリについて説明してください。

  1. フラッシュ・メモリの前に、ROMについてご説明します。ROMは、読み出し専用のメモリで、電源を切っても書き込みデータは消えません( 不揮発性)。プログラムや固定的なデータ・テーブルなどを格納するのに使用します。ROMには、製造工程でマスクによるデータ書き込みをするマスクROMや、製造後にお客様が電気的に書き込みをするPROM(Programmable ROM)があります。またPROMは、書き換えができるEPROM(Erasable PROM)と書き換えができない(一度だけ書き込み)OTP(One Time PROM)に分けられます。EPROMについては、かつては紫外線で消去してから書き込むUVEPROMでしたが、現在は電気的に消去したり書き換えができるEEPROMが一般的です。EPROMは、プログラムが未完成時の評価・試作などで利用されます。
  2. フラッシュ・メモリは、EEPROMの一種です。1バイトごとの書き換えではなく、ブロック単位で消去(フラッシュ)し、1バイトごとの書き込みを行います。当初は書き換え用の電源端子(Vpp)がある2電源方式でしたが、最近は1電源になりシステム上での書き換えもできるようになり、ROMとRAMの中間的な位置づけで、別に分類される傾向があります。当社の最近のマイコンは、All Flash化などフラッシュ・メモリの内蔵が一般的となっています。
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください