Renesas Synergy™

FAQ 1011162 : RXマイコンのROM容量変更時のCS+、e² studio 上で環境設定などの設定変更

Q : 質問

RXマイコンのROM容量変更に伴い、CS+もしくはe2 studio上で環境設定などの設定変更は必要ですか?


A : 回答

CS+もしくはe2 studioでプロジェクトに対してマイクロコントローラを変更して頂いた後に、以下の設定を変更してください。

  1. CS+の場合
    CC-RX(ビルド・ツール)プロパティのリンク・オプションタブ内で[セクション]カテゴリの[セクションの開始アドレス]プロパティでご使用のCPUのROM、RAM空間に合わせて変更してください。
    CS+ 3.00.00~の"セクションの開始アドレス"の初期設定は、プロジェクト作成時に選択して頂いたRXマイコンのROM、RAMの領域、サイズに合わせた配置設定になっています。

  2. e2 studioの場合
    プロジェクト・エクスプローラーの[プロジェクト名]を右クリックし、プロパティもしくはRenesas Tool Settingsを選択、設定の[Linker]->[セクション]カテゴリの"セクション・ビューアーでご使用のCPUのROM、RAM空間に合わせて変更してください。
    GNURX_memory_region.png

    また、GNURXコンパイラをお使いの場合はセクション・ビューアーの「メモリー領域」タブで
    RAM領域の終了アドレスとROM領域の開始アドレスも変更する必要があります。

適用製品

e² studio
CS+ (旧 CubeSuite+)
RXファミリ用C/C++コンパイラパッケージ

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください