FAQ 1006440 : 周囲温度45℃の時に、AC10DGMの金属フィン部の表面温度を測定した結果約55℃になったのですが、この温度はトライアックの性能・機能上問題ない温度でしょうか?

問題があるかどうかは接合部温度Tjの確認が必要です。
AC10DGMの接合-ケース間熱抵抗Rth(j-c)は1.8℃/Wですから、周囲温度45℃で、温度測定値(Tc)が約55℃であった場合のTjは以下の様に求められます。

Tj=1.8×Pd+55

お客様にてPdを算出していただき、上記計算式にてTjが接合部温度125℃以下であることをご確認ください。

 

適用製品

トライアック
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください