Renesas Synergy™

FAQ 106475 : E10T-USBエミュレータと基板を接続した際に、「Communication Timeout Error」「Error sending firmware program」「Boot Failed」が表示され接続できません。対処方法を教えてください。

Q: 質問

E10T-USBエミュレータと基板を接続した際に、「Communication Timeout Error」「Error sending firmware program」「Boot Failed」が表示され接続できません。対処方法を教えてください。

 


A: 回答

E10T-USBを使用する場合は「H8ファミリ用 E10T-USB エミュレータユーザーズマニュアル 別冊H8/3048F-ONE、H8/3029F ご使用時の補足説明」*に記載している推奨接続例の通りに結線してください。
推奨接続例と異なる接続方法をとった場合、エミュレータが正常に起動しない場合があります。
* ユーザーズマニュアルはE10T-USB -ドキュメント-より入手いただけます。

以下は結線する上で特に注意していただきたい端子です。

(1) /RES端子の処理
E10T-USB <-> ユーザーシステムの/RES信号とGND間にコンデン サ等の負荷容量を挿入した結果、/RESの立ち上がりが鈍っていないでしょうか。
/RES 端子の立上り波形が鈍ると、E10T-USB エミュレータが起動できません。/RES信号の立上り波形が0V→5.0V(3.3V)を10μs 以内となるよう、回路定数を調整してください。
(2) FWE端子の処理
E10T-USB <-> ユーザーシステムのFWE信号のプルダウン抵抗値は必ず47kΩを接続してください。
またFWE端子はE10T-USB接続時は双方向の信号になりますので、 基板上の他の素子によるドライブはしないでください。
(3) 動作周波数
E10T-USBエミュレータに指定した動作周波数と、ユーザーシステム 上のマイコンの動作周波数が一致しているか、マイコンの仕様規定内であるかを再度ご確認ください。
(4) その他
ユーザシステム上の次の4点についても併せてご確認ください。
  1. E10T-USBインタフェースコネクタの端子の数え方が、E10T-USBエミュレータのマニュアルと一致していること。
  2. E10T-USB、MCU間の各信号線にノイズがのっていないこと。
  3. マイコンの電源電圧が、マイコンの仕様(Vcc)に合っていること。
  4. クロックが正しく発信していること。(波形のつぶれが無いかことも確認してください)

 

適用製品

E10T-USB

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください