Renesas Synergy™

FAQ 1010970 : オンチップ・デバッグ・セキュリティIDの設定は第三者による書き換え保護に有効か?

Q: 質問

RL78マイコンで、次のフラッシュ書き込みツールでコードフラッシュメモリに書き込んだデータを第三者による書き換えから保護するためには、オンチップ・デバッグ・セキュリティIDを設定すればよいですか?

  • Renesas Flash Programmer(RFP)
  • PG-FP5

 

A: 回答

いいえ、オンチップ・デバッグ・セキュリティIDはオンチップデバッグ時のみ有効な機能です。
フラッシュ・メモリ・プログラミング・モード時の書き換えを禁止するためには、セキュリティ機能による書き込み禁止やブロック消去禁止のセキュリティ設定を行っていただくことが必要です。

セキュリティ機能の詳細は、対象デバイスの「ユーザーズマニュアル ハードウェア編」をご参照ください。また、セキュリティ設定の方法は、ご使用のフラッシュ書き込みツールのユーザーズマニュアルをご参照ください。

  • Renesas Flash Programmer(RFP)のユーザーズマニュアルはこちら
  • PG-FP5のユーザーズマニュアルはこちら

 

適用製品

Renesas Flash Programmer
PG-FP5
RL78 ファミリ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください