Renesas Synergy™

FAQ 106840 : M16CファミリMCU用のCコンパイラで、static変数の情報についてもマップファイルに表示する方法はないでしょうか?

Q: 質問

M16CファミリMCU用のCコンパイラで、static変数の情報についてもマップファイルに表示する方法はないでしょうか?

 


A: 回答

コンパイラオプションの指定で、static変数の情報をマップファイルに表示可能です。

HEWでの指定方法は、コンパイラオプション設定画面の「カテゴリ」で「その他」を選択し、「ユーザ指定オプション」で、次のオプション(文字列)を入力してください。

  • M16Cコンパイラの場合: -as30 "-S"
  • M32Cコンパイラの場合: -as308 "-S"
  • R32Cコンパイラの場合: -as100 "-S"

これによりstatic変数の情報がマップファイルの「(6) LOCAL LABEL INFORMATION」に出力されるようになります。

ただし、コンパイラが生成する内部的な分岐先ラベル等を含めた全てのローカルラベルが出力されます。
また、同時に「(7) LOCAL EQU SYMBOL INFORMATION」の情報も出力されるようになります。

 

適用製品

M32Cシリーズ用Cコンパイラパッケージ [M3T-NC308WA]
M16Cシリーズ,R8Cファミリ用C/C++コンパイラパッケージ [M3T-NC30WA]
R32Cシリーズ用Cコンパイラパッケージ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください