Renesas Synergy™

FAQ 1008933 : コレクタ飽和電圧(Collector Saturation Voltage)

トランジスタのベース電流を大きくしていくと、コレクタ電流はそのhFE倍流れます。
ところが、いくらコレクタ電流を流そうとベース電流を大きくしてもコレクタ-エミッタ間の電圧はゼロにならないでいくらかの電圧が残ってしまいます。
この電圧をコレクタ飽和電圧VCE(sat)と呼んでいます。

このコレクタ飽和電圧VCE(sat)が大きいと、電源電圧の一部がVCE(sat)にとられ、スイッチング動作ではオン状態の時の残留電圧となります。
特に大電力動作では効率が悪くなり発熱の要因となりますので、このVCE(sat)はなるべく小さいことが望まれます。

尚、コレクタ飽和電圧VCE(sat)については下記のFAQでも図示しています。

アナログとディジタルの違いは?

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください