Renesas Synergy™

FAQ 1009045 : インストラクション・サイクル(命令サイクル)(Instruction Cycle)

マイコンが命令を実行するときのシーケンス全体のことで、次のような動作で構成されます。

 命令フェッチ  :命令コードの読み取り

 命令デコード  :命令コードの解析

 命令実行    :解析結果に基づく命令の実行

各動作はクロック・サイクルを基に進められるので、インストラクション・サイクルは各動作を合計したクロック数で表現されることがあります。ただし現在のRISCマイコンは、プリフェッチ・キューに命令コードを先読みしておいたり、パイプラインで複数の命令を並行処理したりすることが多く、命令のフェッチとデコードが外部で見えないため、実行サイクルだけのクロック数を表記することが一般的となっています。

また、命令実行についても、データのライトを待たずに、次の命令を実行するようなマイコンもあります。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください