Renesas Synergy™

FAQ 3000247 : HEX Consolidation Utility(HCU) の制限事項について

Q: 質問

HCUツールにてHCUHEXへの変換作業において、"E2108 Read HEX file failed."が 発生しました。

何か仕様制限があるのでしょうか?
また、HCUツール等のアップデートで対応する予定はあるのでしょうか?


A: 回答

HCUのモトローラファイル読み込みに関する仕様制限として以下があります。

  • S1, S2, S3レコードが混在している場合エラーとなります。
  • レコードサイズとエンドレコードの組み合わせが S1とS9, S2とS8, S3とS7の組み合わせでない場合エラーとなります。

今回のエラーはこの仕様制限に該当したため、エラー判定となりました。

本仕様制限はRL78ファミリ用Cコンパイラパッケージ(以降CC-RLと表記)の V1.05で「エンドレコードをS9、S8、S7に指定する機能を追加して改善しました。

CC-RL(V1.05以降)の設定を以下にすることで正常に読み込めます。 CC-RLのプロパティの「ヘキサ出力オプション」で 「レコード・サイズを統一する」と「エンド・レコードの指定」を S1とS9, S2とS8, S3とS7の組み合わせとなるように変更してください。

参考情報:
CC-RLの「レコード・サイズを統一する」が「いいえ」で、 ROM使用量が64KBを超える場合、S1, S2レコードが混在します。  

 

適用製品

RL78ファミリ用Cコンパイラパッケージ
HEX Consolidation Utility 
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください