Renesas Synergy™

FAQ 3000230 : 正常にビルドできるのにエラー・警告マーカーが消えない(e² studio)

Q: 質問

ビルドエラーはないのに、エディタやプロジェクトエクスプローラのビューからエラーや警告のマーカが消えません。


A: 回答

エラーや警告のマーカーはCODAN(静的コード解析)機能により表示されますが、CODANは「インデクサー」が生成したデータベースの内容でエラー判定を行います。
もしインデクサーに割り当てたバッファが充分でない時にはデータベースの作成が中断されてしまうため、その結果データベースに出力されなかったシンボルの参照が未解決として認識されてしまいます。
上記の設定によりバッファに割り当てるサイズを変更することができます。

「ウィンドウ」→「設定」メニューを選択し、ツリー内の「C/C++」→「インデクサー」を選択すると以下のような画面になります。

indexer_bufsize_jp.png
ここで、「Skip files larger than」と「Skip included files larger than」の両方の値を増やします。

注:コンパイラの内部定義シンボルなど、ソースコードに記述のないものはCODANではエラーとして判定されます。
この解決方法については以下のFAQページを御覧ください。

FAQ 1011382 : 「型'****'が解決できません」のコード解析エラーを回避する方法

適用製品

e² studio
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください