Renesas Synergy™

FAQ 3000172 : CANの受信時間の測定(CS+)

Q: 質問

統合開発環境CS+ for CCを使用しています。測定したいCANフレーム受信から、CAN通信アプリケーションの任意処理までの時間測定を行うことができますか?

 


A: 回答

E2エミュレータと、統合開発環境CS+ for CCのCAN受信処理時間測定機能をご使用ください。

CAN受信処理時間測定機能は、CAN通信アプリケーションの速度性能に関する問題を改善するための機能です。(RH850のみ)

  • CAN通信において重要な、受信後に処理プログラムが開始されるまでの応答時間を簡単に測定することが可能です。
  • 応答時間が設計値に収まらない時に、プログラムを停止させることが可能です。
  • プログラム停止後に、トレースデータやCAN通信の履歴を確認することが可能です。

本機能は、CS+ for CC V6.00.00 以降で使用できます。
CAN受信処理時間測定機能の詳細はこちらを参照してください。

また、アプリケーションノートも準備していますので参照してください。

適用製品

CS+ (旧 CubeSuite+)
E2 エミュレータ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください