Renesas Synergy™

FAQ 3000163 : 統合開発環境CS+の起動時に生成されるファイル

Q: 質問

CS+が起動時に生成するファイルで、削除していても次回起動時に自動的に生成される物は何でしょうか?


A: 回答

CS+の起動時に自動生成ファイルは、mtudファイルです。

mtudファイルには, パネル位置やブレークポイント位置等のプロジェクト設定情報が格納されております。
本ファイルが削除されている場合は, デフォルトの設定で起動し, 新たにファイルを自動生成します。

 

適用製品

CS+ (旧 CubeSuite+)
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください