Renesas Synergy™

FAQ 3000155 : 内蔵フラッシュメモリ書き換えプログラムのデバッグ(RXファミリ)

Q: 質問

RXファミリのプログラムを開発しています。内蔵フラッシュメモリ書き換えプログラムをデバッグするには設定が必要でしょうか?
フラッシュメモリの値を確認したいです。


A: 回答

内蔵フラッシュメモリを書き換えるプログラムをデバッグする際には、以下の設定を行ってください。
この設定により、ユーザプログラムで、ROMリードモード移行処理後、メモリウインドウでフラッシュメモリの値の確認が可能です。

【CS+(旧 CubeSuite+)の場合】
1.[デバッグ・ツール]プロパティ->[デバッグ・ツール設定]タブを開く

2.[システム]カテゴリ内から以下該当する項目を[はい]に設定する。
   [内蔵プログラムROMを書き換えるプログラムをデバッグする]
   [内蔵データフラッシュを書き換えるプログラムをデバッグする]

【e² studio の場合】
[デバッグ構成]ウィンドウの[Debugger]タブからサブタブ[デバッグ・ツール設定]で、システムカテゴリ内の以下に該当する項目を[はい]に設定する。

   [内蔵プログラムROMを書き換えるプログラムをデバッグする]
   [内蔵データフラッシュを書き換えるプログラムをデバッグする]

【HEWの場合】
エミュレータ起動時に表示される[コンフィグレーションプロパティ]ダイアログの [システム]タブで[内蔵プログラムROMを書き換えるプログラムをデバッグする]にチェックを入れる。

 

適用製品

e² studio
CS+ (旧 CubeSuite+)
E1 [R0E000010KCE00]
E20 [R0E000200KCT00]
High-performance Embedded Workshop
RX ファミリ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください