Renesas Synergy™

FAQ 3000147 : デバッガ接続時に「id コードの設定に失敗しました」とのエラーが出る(e² studio)

Q: 質問

e² studioプロジェクトをデバッグしようとすると、下記のようなエラーが出て接続できなくなりました。

エラー詳細

id コードの設定に失敗しましたE1_E20_IDCode() Failed
RxTargetDevice::startConnection() Rx_Init_E1_E20() Failed
GDB アクション 'ターゲットに接続', は失敗しました エラー・レポートは, id コードの設定に失敗しました
force_kill_gdb()
ターゲットデバッガから切断されました。

A: 回答

デバイスのIDコードプロテクト機能により、デバッガ接続に指定したIDと一致しない場合に上記のエラーが表示されます。

IDコードとしてFF以外を記述し、かつ デバッガ設定がフラッシュ書込みモードの時には、デバッガ起動時にIDコードを書き込んでしまいます。

RX_debug_write_mode_jp.png

注1:
IDコードが記述されている場所はプロジェクトの内容により異なります。
注2:
Connection Settingsタブの 「通信モード」で「内蔵フラッシュメモリーへの書き込み」にするとフラッシュ書込みモードになります。
注3:
「通信モード」が書込みモードではなく「デバッグモード」であれば、デバッガ接続成功時にIDがFFで消されます。
フラッシュ書込みモードによりIDコードが書き換わった際には、
下記のようなメッセージがデバッグコンソールに表示されます。
Security ID, writing to address 0xffffffa0 with data 12345678999999998888888877777777
Security ID code for Connection Settings is "78563412999999998888888877777777".
注4:
書き換わった時点で1回だけ表示されます。見逃した場合はRenesas Flash Programmer(RFP)により
消去した後にもう一度デバッガを実行することで確認ができます)
注5:
 e² studio V6.0.0, V6.1.0 および V6.2.0 では、デバッグ構成画面で指定するIDコードの並び順が上記の説明と異なっています。
該当するバージョンでは前者の値 (上記の例なら 12345678...) の並び順を適用してください。

ID書込み以降にデバッガを起動する際には、後者の値 (上記の例なら 7856341299...) をIDに 指定する必要があります。
デバッガ起動時のID (-uIdCodeで渡す値は) Connection Settingsタブの下の方に ある 「IDコード」欄に入力してください(0xの付かない16進数形式です)。

関連FAQ
FAQ 1010968:フラッシュ書き込みツールをマイコンに接続すると以前書き込んだデータが消去される

適用製品

e² studio

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください