Renesas Synergy™

FAQ 3000119 : エディタでの文字化け(統合開発環境CS+)

Q: 質問

統合開発環境CS+を使用しています。
エディタでソースファイルを表示すると文字化けするのですが、対処方法を教えてください。

 


A: 回答

CS+ for CC では、エディタのエンコードを自動判別する設定がデフォルトで有効となっています。状況により次の方法をお試しください。

・全てのファイルのエンコードが同じで文字化けする場合
エンコードの自動判別の有効/無効は、オプション ダイアログの[テキスト・エディタ]カテゴリの[エンコードの自動判別]で設定できます。この設定を無効にしてご確認ください。
また、扱うデフォルトのエンコードもオプション ダイアログの[テキスト・エディタ]カテゴリに設定がありますので、ソースファイルの設定と同じかどうか確認してください。
オプション ダイアログの[テキスト・エディタ]カテゴリの詳細は、こちらを参照してください。

・一部のファイルのみエンコードが異なり文字化けする場合
エディタでは、エンコードを指定してファイルを開くことが可能です。
CS+ for CCの[ファイル]-[エンコードを指定して開く]メニューを選択して、ファイルを開く ダイアログ上でファイルを指定し[開く]ボタンをクリック してください。その後にファイル・エンコードの選択 ダイアログが表示されるので、ファイルで使用しているエンコードを指定してください。
ファイル・エンコードの選択 ダイアログの詳細は、こちらを参照してください。

 

適用製品

CS+ (旧 CubeSuite+)
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください