Renesas Synergy™

FAQ 104690 : High-performance Embedded Workshopを使用してM3T-MR32Rを含むプログラムをビルドするための設定

Q: 質問

High-performance Embedded Workshopを使用してM3T-MR32Rを含むプログラムをビルドするためには、どのように設定すればよいでしょうか?

 


A: 回答

はじめに、M3T-MR32Rをインストール済みであることを確認してください。

次の手順でワークスペースを作成してください。

  1. 新規ワークスペースを作成する際に、 New Project-2/6-Select RTOSダイアログのRTOSドロップダウンメニューからM32R Family MR32R V.x.xx Release xxを選択してください。

  2. リンカオプションを次のとおりに変更してください。
    1. セクションの配置をリンカオプションに設定
      1. メニュー「オプション」のRenesas M32R Standard Toolchaineコマンドを実行して Renesas M32R Standard Toolchaineダイアログボックスを開きます。
      2. Linkタブをクリックして、CategoryドロップダウンメニューからSectionを選択します。 Select Optionドロップダウンリストから[-SEC] Section Locationを選択します。
      3. Add(セクションを新規登録)、またはRemove(登録セクションを削除)ボタンおよび、Up,またはDownボタンを使用して、 アプリケーションプログラムに合ったセクション配置となるようにします。 OKボタンを押して、Renesas M32R Standard Toolchaineダイアログボックスを閉じます。
    2. テンプレートファイルを使用してセクション配置を設定
      1. メニュー「オプション」のRenesas M32R Standard Toolchaineコマンドを実行してRenesas M32R Standard Toolchaineダイアログボックスを開きます。
      2. Cfgタブをクリックして、Options Cfgテキストボックスに"-I"を書き加えます。 OKボタンを押して、Renesas M32R Standard Toolchaineダイアログボックスを閉じます。

 

適用製品

M32Rファミリ用リアルタイムOS [M3T-MR32R]
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください