Renesas Synergy™

FAQ 3000091 : ブレークのたびにオープンされるエディタ(統合開発環境CS+)

Q : 質問

統合開発環境CS+を使用しています。
デバッグ中に、プログラム実行を止めるためにブレークすると、ブレークした時点のソースファイルがエディタでオープンされます。これを繰り返すと、その都度、ソースファイルが開いてしまいます。1つのエディタ画面で、表示を切り替えるような設定はできないのでしょうか?


A : 回答

CS+のリサイクル・モードを使用することで、その都度、エディタパネルを増やさずに表示させることが可能です。
リサイクル・モードは、デフォルトでは無効となっていますので、オプション ダイアログの[全般 - テキスト・エディタ]カテゴリの[リサイクル・モード]で有効にしてください。
オプション ダイアログの[全般 - テキスト・エディタ]カテゴリの詳細はこちらを参照してください。

適用製品

CS+ (旧 CubeSuite+)
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください