Renesas Synergy™

FAQ 3000064 : PDG SCI送信完了後のTX端子の開放について

Q : 質問

Peripheral Driver Generator(PDG)を使ってSCI通信を動作させたとき、最終データがHighの場合、TXD端子からの出力が徐々にLowになってしまいます。


A : 回答

SCIを使って通信する場合、Peripheral Driver Generator(PDG)のAPI関数であるR_PG_SCI_StartSending_Cn(n:チャネル番号)が呼ばれます。
その関数内から、さらにRPDLライブラリの R_SCI_SendDataが呼ばれます。
R_SCI_SendData 関数内で送信完了時にTXD端子を初期値(ポート入力)に戻しているため、TXD端子からの出力が徐々にLowになります。

(例:RX63N TXD12端子を使用した場合)

送信完了後もデータを保持したい場合は、FAQ No. 1010977 を参考にして、適宜RPDLのAPI関数 R_SCI_SendDataを書き換えてください

適用製品

CS+ (旧 CubeSuite+)
High-performance Embedded Workshop
Peripheral Driver Generator
Renesas Peripheral Driver Library
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください