Renesas Synergy™

FAQ 3000060 : (e² studio)CC-RL用プロジェクトでセクション自動配置を有効にしているのにリンクエラーになる

Q : 質問

e² studioでCC-RLコンパイラ用プロジェクトを、セクション自動配置(-AUTO_SECTION_LAYOUTリンクオプション)有効設定にしているのに、ビルドするとリンクエラーになりました。

 


A : 回答

セクションの配置アドレスを明示的に指定する設定は、自動配置オプションより優先されます。
そのためレイアウト設定が存在すると、リンカでは配置調整が行われず、結果としてリンクエラーに遭遇し易くなります。

次の手順でセクション配置指定を解除し、自動配置機能を有効にすることができます。

[操作手順]

(1) プロジェクトのプロパティを開く。

  プロジェクト・エクスプローラでプロジェクトを選択(プロジェクト名をクリック)して

  「e2」ボタンを押すか「プロジェクト」メニューの「Renesas Tool Settings」を選択します。

(2) 「Linker」 → 「セクション」を選択する。

(3) 「セクションを自動的に配置する」のチェックを一旦外して、[適用]ボタンを押す。

(4) 「セクションを自動的に配置する」に再度チェックを入れて、[適用]ボタンを押す。

(5) ビルドを実行する。

適用製品

e² studio
RL78
RL78ファミリ用Cコンパイラパッケージ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください